XGIMI は単一の投影ユニットに LED とレーザー光源を組み合わせています
ホームページホームページ > ニュース > XGIMI は単一の投影ユニットに LED とレーザー光源を組み合わせています

XGIMI は単一の投影ユニットに LED とレーザー光源を組み合わせています

May 08, 2023

中国のプロジェクター メーカー XGIMI は、LED テクノロジーの高い色再現性と快適な視聴体験とレーザーの高輝度チョップを組み合わせることで、プロジェクター光源の両方の長所を備えたソリューションを考案したと考えています。

同社は最近のブログ投稿で、「明るさについては長い間、さまざまな意見があった」と述べている。 「多くの人は、投影の明るさは高いほど良いと言いますが、夜に映画やテレビ番組を見る場合、明るさが高すぎると眩しくて不快だと言う人もいます。XGIMI は常に非常にしっかりしています。 : 快適な外観と感触、正確な色は、家庭用投影の明るさを向上させるための基礎です。」

ここ数年、XGIMI のエンジニアは、Aura UST モデルにある単一レーザー光源、赤、緑、青の各色が独自の光源を取得するトリプルカラー セットアップ、および完全な光源を含む、多くのソリューションを検討してきました。 -カラーLED。 それぞれに長所と短所があります。

単一レーザー ソリューションは比較的高い輝度を提供しますが、色の再現性と画質が低下する可能性があります。 3 色レーザーは明るいと同時に色が豊富ですが、調査中に XGIMI は、この技術が「冷やかで粒子が粗いと認識されることが多い画像と、テキストやグラフィックがぎらぎらと見える色にじみの問題を生成する可能性がある」ことを発見しました。 「ぼやけ」、「3 色レーザーの物理的特性により、これらの問題は程度の差でしか抑制できず、完全に解決することはできません。」

フルカラー LED は、比較的低コストでより自然な色の再現と快適な視聴を実現しましたが、全体的な明るさはレーザー ソリューションに匹敵するものではありませんでした。

現在、XGIMI は、オンボード レーザー光源の波長帯に一致するように設計された新しいフルカラー LED ランプ ビーズを開発し、5 チャネルのハイブリッド光路を介して 2 つを組み合わせることで、LED とレーザー光源の両方の利点を本質的に活用しています。デザイン。

このデュアル ライト テクノロジーは、「大量生産においてデルタ E の平均レベル約 1」を達成すると報告されています。 同社は、多くの大画面テレビの色の標準値は約 2 ~ 3 であり、プロジェクターの場合は 7 ~ 8 になる可能性があると指摘しています (この場合、高ければ高いほど良いというわけではありません)。 また、一部のメーカーは色精度値が 0.9 と低いと主張していますが、XGIMI の社内テストでは実際の測定値が大幅に高いことが判明しました。

XGIMI の新しいハイブリッド光源テクノロジーの低いデルタ E 値により、スイスの SGS やドイツのテュフ ラインランドなどの機関からの精度認証が可能になりました。 色域は DCI-P3 色域の 95.5%、BT.709 空間の 99.9% に及び、輝度は 2,300 ISO ルーメンです。

278 件の特許技術を組み込んだデュアル ライト テクノロジーを中心に構築された最初のプロジェクターはすでに生産されており、間もなくヨーロッパやその他の国に出荷される予定です。

出典: XGIMI