メモリアルトーナメント2023 3回戦リーダーボード、ニュース
ホームページホームページ > ニュース > メモリアルトーナメント2023 3回戦リーダーボード、ニュース

メモリアルトーナメント2023 3回戦リーダーボード、ニュース

Aug 01, 2023

2023年メモリアル・トーナメントの最初の2ラウンドを終えてトップ2選手として登場したが、土曜日の18ホール中にジャスティン・スーと松山英樹の両者が転倒した。

徐が第3ラウンドで5オーバーを記録して14位に後退したが、松山は12番ホールでトリプルボギーを叩くなど3オーバーで9位に後退したが、ロリー・マキロイがそのアドバンテージを生かして土曜日を2アンダーで終え、シェアを獲得した。 6アンダーで首位に立った。

第3ラウンドの大部分で首位をキープしていたデビッド・リプスキーは18番ホールでボギーを記録し、土曜日に1アンダーで終えたマキロイとキム・シウが首位を分け合い日曜日に臨むことになった。

2023年メモリアルトーナメントのニュース:2023 年メモリアル トーナメントについて知っておくべきことはすべてここにあります

2023年メモリアルトーナメントの第3ラウンドで起こったことは次のとおりです。

日曜日の最終ラウンドに向けたメモリアル トーナメントのリーダーボードは次のとおりです。

マーク・ハバードは2位に後退した。

16番ホールでハバードはラフに193ヤードのティーショットを打ち、ボギーとなり7アンダーで2位となった。

デビッド・リプスキーが連続パーで8アンダーで首位を維持している。

デビッド・リプスキーは現在、2023年のメモリアルで首位に立っている。

マーク・ハバードは15番ホールでバーディーを獲得し、第3ラウンドで4つ目のバーディーを獲得し、8アンダーとし、リプスキーと首位の座を分け合った。

ロリー・マキロイは引き続きメモリアル・トーナメント優勝を争っている。

4アンダーで第3ラウンドを迎えたマキロイは、15ホールを通して3バーディ、1ボギーをマークし、通算6アンダーをマークした。 15ホールを終えて4バーディ、2ボギーのゼップ・ストラカと並んで3位タイにつけた。

松山英樹は12番ホールで若干順位を落とした。

11番ホールでバーディを記録した松山は、12番ホールでティーショットを池に叩き込みトリプルボギーを喫した。 通算4アンダーの松山は、第3ラウンドの12ホールを終えて3オーバーとなっている。

13番ホールでボギーを喫し、8アンダーのデビッド・リプスキーはマーク・ハバード(-7)に1打差をつけている。

3連続ボギーの後、松山英樹がデビッド・リプスキーのリードに食い込んだ。

松山はこの日3つ目のバーディを記録し、第3ラウンドの最初の2ホール以来となるバーディを記録し、リプスキーとのリードを2打に縮めた。

マーク・ハバードと松山は、ハバードが11番ホールと13番ホールでバーディを記録し、2位タイとなった。 13ホールを終えて、ハバードは2アンダーとなった。

2023年のメモリアル・トーナメントではデビッド・リプスキーが3打差のリードを築いている。

11番ホールで松山英樹からバーディでリードを奪ったリプスキーは、12番で158ヤードのショットを決め、3フィートのパットを沈めてバーディを奪った。

リプスキーは9アンダーで位置し、6アンダーで2位の松山、マーク・ハバード、リー・ホッジスよりも優れている。

松山英樹が11番でバーディ、10番でボギーを喫した後、デイビッド・リプスキーが2023年メモリアル・トーナメントで2打差のリードを奪った。

松山は最後の3ホールでそれぞれボギーを記録したが、リプスキーは最後の5ホールのうち2ホールでバーディーを記録した。

デビッド・リプスキーはメモリアル・トーナメントで1位のシェアを獲得しています。

松山英樹は連続ボギーで7アンダーとなり、土曜日に9ホールを1アンダーで打ったリプスキーと並んだ。

リプスキーは3度目のメモリアルに出場し、2019年は48位タイ、2022年は37位タイとなった。

メモリアル・トーナメント第3ラウンド残り10ホール時点で松山英樹のリードは1打差にとどまる。

第3ラウンドを2バーディでスタートした後、松山は5パーを記録し、8番ホールでボギーを叩いたが、このショットは金曜日にバーディを奪ったものだった。 彼は8アンダーで首位を維持し、デビッド・リプスキーが7アンダーで2位となっている。

パトリック・カントレーはメモリアル・トーナメントのリーダーボードから滑り落ち続けています。

2度のメモリアル優勝者は、6番ホールでのトリプルボギーをパーで返したが、8番ホールでは14フィートのパットを外してパーでボギーを喫した。

キャントレーは3アンダーで、ジョン・ラーム、ティレル・ハットン、イム・ソンジェらと並んで16位タイに位置している。

土曜の3ホールでダブルボギーを喫したにもかかわらず、リッキー・ファウラーはメモリアルで射程圏内に迫っている。

ファウラーは11番と12番で連続バーディを奪い、6アンダーを記録して13番ホールに向かう。

ファウラーは松山英樹の9アンダーリードまで3打差に迫っている。

2023 年メモリアルの第 3 ラウンドが続く中で、誰が争うのかを見てみましょう。

メモリアル・トーナメントの参加者の一人は、ミュアフィールド・ビレッジ・ゴルフ・クラブで誰を応援しているかを公言している。

ヤングスタウンのジョー・ボクロスは、メモリアル・トーナメントで2度優勝したパトリック・カントレーに敬意を表して「澄んだ目、満腹の心、キャントレー」というフレーズが書かれた白いポロシャツを着て到着した。

このフレーズは、NBC テレビ番組「フライデー ナイト ライツ」でおなじみのリフレイン「澄んだ目、充実した心、負けるはずがない」をもじったものです。

しかし、ファンが彼を追いかけていたにもかかわらず、キャントレーの一日はうまくいかず、ウォーターペナルティの後にトリプルボギーを記録し、4アンダーの9位タイで10ウェイに後退した。

パトリック・カントレーは6番ホールで一歩後退した。

4番ホールで4パーとバーディを獲得した後、キャントレーは6番ホールで第2打を池に入れて1打減点となり、トリプルボギーで終了し、4アンダーの10位に後退した。

キャントレーは2019年と2021年のトーナメントで優勝し、2度メモリアルチャンピオンとなっている。

オースティン・エクロート、キム・シウ、デビッド・リプスキーがそれぞれ6アンダーで2位を分け合い、1位の松山英樹に3打差をつけている。

デニー・マッカーシーは、2023年のメモリアルリーダーボードのトップ付近を堅守している。

フロント9で2ボギーを喫した後、マッカーシーは14番ホールと15番ホールでバーディとイーグルを決め、5アンダーで第3ラウンドの4位の位置を確保した。

7番ホールでもイーグルを記録した。

マッカーシーは2ラウンドを終えて1アンダーだった。

ジャスティン・スーは2023年のメモリアル・トーナメントで出場権を逃すことになった。

2ラウンドを終えた首位の彼は、この日を連続ボギーでスタートしたが、3ホール目でダブルボギーを記録し、2打目を池に打ち込んで+1のペナルティーストロークとなった。

土曜日に向けて、徐は2ラウンドを通してボギーが2つだけだった。 第3ラウンドでは首位とは5打差の4オーバー。

メモリアルを2度受賞しているパトリック・キャントレーが動きを見せている。

31歳の元UCLAゴルファーは、パー4の後の4番ホールでバーディを記録し、第3ラウンドをスタートした。 キャントレーは7アンダーで松山英樹と2打差、デビッド・リプスキーと1打差の3位につけている。

ドラフトキングス・スポーツブックによると、キャントレーは第3ラウンドに向けてメモリアル優勝の本命だったという。

ジャスティン・スーは第3ラウンドの最初の2ホールで苦戦した。

1打リードで到着した徐は、最初の2ホール(以前はパーを記録していたホール)でそれぞれボギーをたたき、6アンダーに後退した。 徐選手はパトリック・キャントレー選手と同率3位

2023年メモリアルでは松山英樹が2番ホールで31フィートのパットを決め、連続バーディで2打差のリードを獲得した。

松山の2番ホールでのバーディは、このホールでは今大会初のバーディで、最初の2ラウンドはいずれもパーで終えた。

第3ラウンドの1ホールで、松山英樹が2023年のメモリアルトーナメントで首位に立った。

松山はラフから202ヤードの第2打を決めてバーディを記録し、3フィートのパットを沈めて8アンダーを記録した。 ジャスティン・スーは最初のホールで14フィートのパーパットを外し、2フィートのボギーメイクとなった。

松山選手は2014年にメモリアルを優勝しました。

デビッド・リプスキーは、最初の2ラウンドで築いた勢いを継続しているようだ。

木曜と金曜を3アンダーで終えたリプスキーは、最初の2ラウンドでそれぞれパーを記録したホールでバーディで第3ラウンドをスタートした。

リプスキーは現在、松山英樹と2位を分け合っており、首位のジャスティン・スーとは1打差となっている。

ジャスティン・スーと松山英樹は、メモリアル・トーナメントの第3ラウンドを開始する最後のゴルファーです。

徐は金曜日に6アンダー、土曜日には大会ベストの8アンダーで臨む。

イーブンで第2ラウンドを迎えた松山は金曜日に7アンダーで終え、1位の徐とは1打差に迫った。

2023 年メモリアル トーナメントの第 3 ラウンドを開始するゴルファーは 4 名が残っています。 誰がティーオフするのかを見てみましょう。

ジョーダン・スピースはメモリアル第3ラウンドで好調なスタートを切り、1バーディ、2パーを記録した。

しかし、スピースが 3 ホールで克服しなければならなかったのはミュアフィールド ビレッジ ゴルフ クラブだけではありません。

322ヤードのティーショットを終え、その日の2打目を控えたスピースは、ショットの準備を整えたが、電車の汽笛が彼を驚かせ、笑顔で立ち去った。 彼はそのショットをホールから1フィートのところで166ヤードのダガーに決め、バーディを確保した。

ローリー・マキロイの一日がメモリアル・トーナメントで正式に始まった。

4アンダーで第2ラウンドを終えたマキロイは、同じく4アンダー8位タイのセップ・ストラカとコースを共にした。

マキロイのメモリアルでの最高成績は2016年の4位タイだった。

リッキー・ファウラーはメモリアル第3戦で好スタートを切った。

木曜日に最初のホールでボギーを叩き、金曜日のホールではパーを記録した後、ファウラーは307ヤードのティーショットと8フィートのパットを使ってバーディを確保し、通算5アンダーで5位シェアに浮上した。

ファウラーは今シーズン初めのZOZOチャンピオンシップで2位タイとなった。

コリン・モリカワがメモリアル・トーナメント第3ラウンドで勝利を収めた。

土曜日を迎えた森川は6バーディ、2ボギーで12ホールを終えて4アンダーの成績を収めた。 森川は土曜日に7アンダーで終えたキーガン・ブラッドリー、9ホールを終えて3アンダーのJ・J・スパウンと並んで7位タイとなっている。

キーガン・ブラッドリーとソンジェ・イムの時代は終わった。 そして両者は争いに発展した。

ブラッドリーは7アンダーの成績で通算4アンダーの7位タイとなっている。

イムはこの日を5アンダーから通算3アンダーまで伸ばし、現在14位タイとなっている。

メモリアル トーナメントの第 3 ラウンドで 18 ホールを終えて 7 アンダーの成績を収めているキーガン ブラッドリーについて、知っておくべき 3 つのことをご紹介します。

テキサス工科大学のシニア、ルドヴィグ・アバーグ氏は、ツイッター上ではなく、生活の質に関して上昇傾向にある。 月曜日、このスウェーデン人選手はPGAツアーUランキングで首位に立ち、これにより2024年シーズンまでのツアーカードを獲得した。 そして火曜日、アバートはジャック・ニクラウス部門Iの大学年間最優秀選手に選ばれた。 それは気分が良い2ファーです。

他の大学部門のニクラウス賞受賞者は日曜日に発表される。

Columbus Dispatch コラムニストの Rob Oller がこのレポートに寄稿しました

土曜日の第3ラウンド中盤のメモリアル・トーナメントのリーダーたちの顔ぶれは次のとおりだ。

バックナインの中盤で、スコッティ・シェフラーが勢いを取り戻した。

公式世界ゴルフランキングでNo.1ゴルファーであるシェフラーは、6ホール連続パーの後、3ホール連続でバーディーを記録した。 土曜、シェフラーは5アンダー、2アンダーの19位タイに位置している。

イム・ソンジェは2ラウンド連続で13番ホールの犠牲となった。

任は11、12番で連続バーディを奪った後、13番でボギーをたたき、3アンダーの12位タイに浮上した。

デビッド・リプスキーはトップ3で第2ラウンドを去った。

34歳の元ノースウエスタンゴルファーは2ラウンド連続3アンダーを記録し、6アンダーで3位タイに浮上した。

リプスキーは午後1時25分にパトリック・カントレーとティーオフする。

キーガン・ブラッドリーの連続バーディ記録は5で止まった。

ブラッドリーは12番ホールでボギーを記録し、通算3アンダーに1打後退した。

最初の12ホールで6バーディを奪ったイム・ソンジェは、11番ホールと12番ホールでもバーディを記録し、通算4アンダーで7位タイに浮上した。

キーガン・ブラッドリーが連続バーディを5に伸ばした。

11番ホールで2フィート5インチのパットを沈め、ブラッドリーは5連続バーディを獲得し、7番ホールから連続バーディを記録した。 現在、11ホールを終えて7アンダーのブラッドリーは通算4アンダーで、ローリー・マキロイ、セップ・ストラカ、パトリック・ロジャース、ジョン・ラーム、リッキー・ファウラーと並んで7位タイとなっている。

第1ラウンド終了後に7オーバーパーでスタートしたマット・クーチャーは、2023年メモリアルの第3ラウンドではアンダーパーでプレーした。

クーチャーは4バーディ、1ボギーで1アンダーの10ホールで第3ラウンドへ進んだ。 金曜日の第2ラウンドでは6バーディを奪い、2オーバーで通過した。

この日を3オーバーパーでスタートしたスコッティ・シェフラーは、第3ラウンドの最初の11ホールで2打伸ばした。

シェフラーは最初の6ホールで2バーディを記録し、安定した成績を残し通算1オーバー、54位タイにとどまった。

キーガン・ブラッドリーの快進撃は続く。

ブラッドリーは、第1ラウンドと第2ラウンドで10番ホールでパーを記録した後、10番ホールで4連続となるバーディでバックナインをスタートさせた。

ブラッドリーは第3ラウンドで6アンダー、通算3アンダー。 ジョーダン・スピースを含む6人のゴルファーと並んで12位タイとなっている。

2023 年メモリアル トーナメントの第 3 ラウンドに向けて、ジョン ラームはトップ 10 にしっかり入っています。

ラームはメモリアルトーナメントとマスターズトーナメントの優勝者で、最初の2ラウンドを終えて4アンダーをマークしている。 彼は午後12時55分にパトリック・ロジャースとティーオフする予定だ

キーガン・ブラッドリーの第3ラウンドの勢いは止まらない。

ベイリーは金曜日の第2ラウンドでボギーをたたいた8番ホールと9番ホールでのバーディを含む3連続バーディで、フロント9での走りを終えた。

ベイリーは2アンダーの17位タイに位置している。

メモリアル・トーナメントの第3ラウンドでパーを下回ったゴルファーはイム・ソンジェだけではない。

元セントジョンズ大学のゴルファーは、土曜日の最初の8ホールで4アンダー、最初の2ラウンドで6バーディを合わせた後、4バーディを記録した。

3オーバーで出たブラッドリーは現在1アンダーとなっている。

2023 年メモリアル トーナメントの最初の 2 ラウンドが終了した後、ゴルファーはミュアフィールド ビレッジ ゴルフ コースの 16 番ホールに満足して帰っていません。

最初の 2 ラウンドで、メモリアルゴルファーは 16 番ホールのパー 3 で 13 バーディを記録したのに対し、パー 135、ボギー 72、ダブルボギー 16 を記録しました。

ゴルフウィークによると、ジョーダン・スピースはこのホールを「今日プレーしているほぼ全員の意見では素晴らしいホールではない」と呼び、ジェイソン・デイはこのホールを「愚かなホール」と呼んだ。

「16番の長さは好きではない」とデイは続けた。 「実際には220でプレーすべきホールではない。」

3バーディでスタートしたイム・ソンジェは、第3ラウンドの序盤でアンダーパーに浮上した。 6ホールインして、イムのスコアは伸び続けている。

金曜日の第2ラウンドでボギーを喫した2ホールの4番ホールと5番ホールで2つのパーを獲得した後、イムはこのラウンド4つ目のバーディを記録した。 イムは現在2アンダーで、ステファン・イェーガー、ティレル・ハットン、マット・ウォレス、サム・バーンズ、ヴィクトール・ホブランドと並んで17位タイにつけている。

デイビス・ライリーは金曜日に苦戦した後、土曜日にミュアフィールド・ビレッジ・ゴルフコースに戻ってきた。

第1ラウンドを5アンダーで終えてメモリアルの首位を守ったライリーは、第2ラウンドでは6オーバー、4ボギー、2ダブルボギーを記録して通算スコアを1オーバーに伸ばした。

2023 年メモリアル トーナメントの第 3 ラウンドの中継は ESPN+ で行われます。 テレビの報道は、ゴルフ チャンネルで午後 12 時 30 分まで始まりません。

CBS は午後 2 時 30 分から第 3 ラウンドの報道を引き継ぎます。

テイラー・ペンドリスはメモリアル・トーナメントの第3ラウンドで出遅れた。

金曜日の第2ラウンドで3アンダーをマークし、2オーバーで第3ラウンドに臨んだペンドリスは、第3ラウンドの最初の4ホールで4オーバーで、土曜日の1ホール目でダブルボギーを記録した。彼は木曜と金曜に2つのパーを記録した。

イム・ソンジェの熱いスタートが続く。

イムは3連続バーディーを記録し、第3ラウンドの3ホールを1アンダーに伸ばした。 イムは現在総合22位タイとなっている。

第3ラウンドから連続バーディでイム・ソンジェがイーブンに浮上した。

第1ラウンドを終えて2アンダーだったイムは、金曜日の第2ラウンドでは7ボギー、3バーディーで4オーバーとなった。

ジャスティン・スーはメモリアル・トーナメントの第2ラウンドで見せ場を見せた。

徐は金曜日に66を打ち、最初の2ラウンドを通して8アンダーの成績を残し、2位の松山英樹よりも1打上回った。

徐は午後1時35分に松山とティーオフする。

ルーク・リストは3ホールを通じて2打差を稼いだ。

38歳の元ヴァンダービルトのゴルファーであるリストは、2番ホールと3番ホールでバーディを奪い、第3ラウンドの3ホールを終えて1オーバーに浮上した。

リストは2021-22シーズンのファーマーズ・インシュアランス・オープンで優勝した。

マット・クーチャーは木曜日に7オーバーと苦戦した後、金曜日に台本を完全にひっくり返した。

44歳のアメリカ人で元ジョージア工科大学のゴルファーで、今シーズントップ10入りを4度果たしているこのゴルファーは、金曜日の第2ラウンドで5アンダー、6バーディを記録して通算2オーバーで通過した。

クーチャーは18回目のメモリアルでプレーしており、以前は2013年のトーナメントで優勝している。

クチャールは午前8時25分にティーオフする予定だ

第3ラウンドの1ホールで、スコッティ・シェフラーはすでにスコアを1打縮めている。

シェフラーは第3ラウンドを1番ホールでバーディでスタートし、第2ラウンドでもバーディを奪い、1番ホールでパーを記録した。

スコッティ・シェフラーはビハインドでメモリアル・トーナメントの第3ラウンドに戻ってくる。

公式世界ゴルフランキングによるとナンバー1のシェフラーは、5ボギー、4バーディで3オーバーの61位タイとなり、土曜を迎えることになった。

シェフラーは2020年のメモリアルで22位タイ、2021年には3位でフィニッシュした。

2023年メモリアルトーナメント第3回戦が始まった。

ミュアフィールド・ビレッジのコースではラント・グリフィン(+3)とルーク・リスト(+3)が首位に立ち、金曜日は両名とも2オーバーパーだった。

ジャスティン・スーも松山英樹も、第3ラウンドに臨む2023年メモリアル・トーナメントの優勝候補ではない。

ドラフトキングス スポーツブックでは、メモリアル チャンピオンを 2 度獲得したパトリック カントレーが +350 オッズで最も人気があり、松山 (+450)、ジョン ラーム (+600)、ロリー マキロイ (+900)、スー (+900) はそれぞれ + を上回っています。勝つ確率は1000倍。

キャントレー (-165) と松山 (-125) はそれぞれトップ 5 以内に入る有力候補です。

第2ラウンド中の金曜日の気温は90度半ばに達したが、土曜日には気温が80度台後半に達すると予想されている。 国立気象局は、午後1時以降ににわか雨や雷雨の可能性がわずかにあるものの、おおむね晴れ、北東の風が時速6~14マイルであると報告している。

2023 年メモリアルの第 3 ラウンドに向けて、過去の勝者 3 名が依然として争いの中にいます。

タイガー・ウッズは1999年、2000年、2001年、2009年、2012年と5回メモリアルを受賞している。

メモリアル・トーナメントのコースレコードは、1994 年のトム・リーマンの 268 (-20) です。2023 年には、ジャスティン・スーが現在 136 (-8) を記録しています。

土曜日のメモリアル トーナメント第 3 ラウンドのティータイムは次のとおりです。

6月1日より、ゴルフチャンネルとCBSスポーツは2023年メモリアルトーナメントの一部を放送する。 メモリアル トーナメントは ESPN+ と Peacock でも視聴できます。 シリウス XM ラジオでも放送されます。

土曜のメモリアルトーナメント第3回戦で放送予定の内容は以下の通り。

6月3日

[email protected]

@_ColinGay

2023 メモリアル トーナメント ニュース: 2023 メモリアル トーナメントの第 3 ラウンドで起こったことは次のとおりです。 キーガン・ブラッドリーはキャリア5勝 キーガン・ブラッドリーの今季最低ラウンドは64回 キーガン・ブラッドリーのメモリアルでの最高成績は8回目 プレイヤーズ 6月3日